廃車するときに忘れがちな自動車保険のこと

廃車にするなら自賠責保険の解約を忘れずに!

自動車を保有すると必ず加入することになっている自賠責保険。
実は車を廃車にすると自動的に解約されるというものではありません。
廃車にしたことを保険会社に申請し、解約する必要があります。
これはできるだけ廃車をしたらすぐにすることをお勧めします。
そもそも車がないのに保険を契約しておく必要がありませんし、解約した日から返戻金の期限が計算されます。
廃車にした日、から計算されるわけではありませんので注意が必要です。

廃車にする場合任意の自動車保険はどうしたらいいのか

もしあなたが車を保有している間にご自身で任意に自動車保険に加入されていたのだとしたら、こちらも自賠責保険同様ご自身で申請し解約する必要があります。

ただ車の買い替えや一時的に手放すだけ、ということになるのであれば解約ではなく一時的に中断するという手段もとれます。
そうすることでこれまでの等級を手放すことなく次の車でも保険に加入することができるからです。
廃車にしてもう車を次に購入するかどうか・・・という状況なのであれば早く解約することをお勧めします。
自賠責保険同様に解約した日から返戻金が計算されるため、遅くなればなるほど、返戻金が減ってしまうもしくはなくなってしまうかもしれません。
また、返戻金は例えば1年分、もしくはそれ以上の期間をまとめて払っていて、期間が残っているという場合にのみ発生します。

最新記事